お留守番

2015.08.07 23:55|日記
今日はお当番の日。
ミロクちゃんは長時間のお留守番です。

ほんとうなら何も置いていないガランとした部屋を用意出来ればいいのですが、なにしろ狭い我が家。ミロクちゃんがいる部屋にはテーブルや椅子や日常のいろいろな家具があります。
まだ慣れない部屋でカラーを着けたままのミロクちゃんを置いて出掛けるのはちょっと心配だったのですが・・。

「あっ、おばちゃん、おかえりー」



ホッとしました。
hosineko-kuro-mini-500px.gif

先日、隊長さんとsinsinさんから教えてもらった猫目石さんの記事を読んで、ハッとしたことがあります。
それは我が家の黒猫ソラが2度ほどかかった謎の皮膚炎。
私は勝手に「ヨーダ病」と名付けましたが、それととても良く似ていました。

始まりは耳からでした。ある日突然始まった赤みと熱を帯びた「ただれ」。
慌ててソラを病院に連れいくと、先生も原因はよくわからないとのこと。
とりあえず洗浄して塗り薬をもらいました。
(当時通っていたその病院は昔ながらの小さな個人病院で、長年大変お世話になった女医さんだったのですが、こういう時に詳しい検査などが出来ませんでした…。その後現在ミロクちゃんが通っている病院に変えました)

その時にお聞きしたのは、脂漏症ではないか?ということ。

・猫の脂漏症について

・猫の脂漏症

皮膚上にはさまざまな菌がいて、良い菌と悪い菌がバランスを保っています。
それが何らかの原因でバランスを崩すことで、普通ならやり過ごせるようなカビだったりダニだったりブドウ球菌だったり、そういうものに過剰反応して炎症が起きているのではないかと。
ウロ覚えなので間違っているかも知れませんが、こんな感じの説明でした。

ソラの皮膚炎は頭部全体に広がって行き、脂っぽいヤニのようなカサブタがたくさん出来、それが剥がれ落ちる時に毛も一緒に抜け落ちて、いつしかヨーダそっくりに・・。
なのでヨーダ病と勝手に名付けたのです(笑

特にこれといった積極的な治療もせず、ソラの場合は1ヶ月程度で自然に治まりました。
これまでに2度なりましたが、どちらも同じ経過を辿っています。

その時のことを思い出してみると、今のミロクちゃんの症状、ソラとすごく似ています。

hosineko-kuro-mini-500px.gif

一方ミロクちゃんの身体は、角質がウロコ状になったものに覆われています。
ひどく乾燥していて、ただ撫でるだけでもたくさんのフケが浮き上がって来ます。

201508072.jpg


ソラの時には脂っぽかったので読み飛ばしていましたが、脂漏症には乾燥性もあるそうなのです。
読んでみるとミロクちゃんの(身体のほうの)症状とかなり似てています。

ミロクちゃんには「これぞ真菌症のシンボルマーク!」のような大きなハゲがないので、無知な私にはいまひとつピンと来なかったのですが、(正確な診断はもちろん先生におかませするとして)真菌が引き金となってこういう症状が出るということもあるんだなあって初めて知って驚いた次第です。

明日は午後から診察です。
出来るだけ身体への負担の少ない治療を目指して頑張ります〜。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント