スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ

2015.10.21 21:34|日記
先週の土曜日はミロクちゃんの病院でした。
今回でネブライザーが5回目となり、これ以降は「継続割引」らしいです!\(T▽T)/

8月から抗生剤を飲み続けること2ヶ月。
抗真菌薬は約1ヶ月。
皮膚の状態は良くなって、青鼻もぐっと減りました。

耳の中もすぐに真っ黒な耳垢が出る状態でしたが、点耳薬がよく効いて今はすっかり良好になりました。
(点耳薬を入れたあと頭を振ったら、8ミリ大の耳垢のかたまりが奥から飛び出してびっくりしたこともありました・笑)

実は・・この状態まで持って来て、やっと始められる治療があります。


ミロクちゃんがまだ保護部屋にいた頃に見つけていたのですが、先日細胞を調べてもらったところ「肥満細胞腫」との診断でした。
獣医師にも当初から指摘されていましたが、何しろ皮膚全体に広がっているカサブタをなんとかしないといけない状況でしたし、風邪の症状が落ち着いてから・・ということでした。

私は以前、繊維肉腫という病気で猫を亡くしているので(18歳でした)ミロクちゃんの体に似たようなデキモノを見つけた時は凹みました。。
この子をうちに連れて帰りたいと思った大きな理由のひとつです。

診断が出るまでは口にしないでおこうと決めていたのですが、ほぼ肥満細胞腫で間違いないそうです。(亡くなった愛猫のような悪性度の高いものではなくてホッとしました。)

ただ肥満細胞腫は良性の経過をたどることが多いようですが、内蔵に転移するとやっかいなようです。
耳、脇腹、下腹、脇の下、首の下あたり・・今確認出来ているだけでもこれだけ出来ています。
外科手術で切除するのが一般的なようですけど、しても結局再発するんじゃないかな?と思うんですけどね。。どうなのでしょう。
ミロクちゃんは胸にある気腫のこともあり、麻酔は使いたくありません。

ステロイドを使って小さくしていく治療を開始しました。
ステロイドを使うと免疫が下がってしまうので、出来るだけ皮膚や風邪の状態を緩和するよう医師とこれまで頑張ってきました。

小さくなるだけでは完治とは言えないのでしょうが、とりあえず「小さくな〜れ」の呪文をかけ続けています。

私、肥満細胞腫のことはほとんど知らないのですが・・頑張ります!!(*•̀ᴗ•́*)و

201510212.jpg

肥満とは関係ないんだよ、ミロクちゃんw
スポンサーサイト

コメント

No title

肥満細胞腫ですか!!
人間にも似たような病気があります。
人間のそれもほとんどの場合良性らしく・・・
外科手術で切除するしか方法がないのですが、再発します。
カニもその病気で何度か手術しましたが、今は諦めましたww

ミロクちゃんも外科手術が難しい体質なんですね・・・
ステロイドを使って短い期間で大きな効果がありますように(祈)
ミロクちゃん、頑張ってねw

No title

うわうわ。カニさん、手術されたのですか!!
犬や猫の肥満細胞腫に関しては、原因もあまりはっきりしていないし、経過に関しても様々あるようなんです。
放置していて自然消滅する場合もあるようですし、巨大化することもあるようで。。

心配してもどうしようもありませんから、楽しく頑張ります〜(*•̀ᴗ•́*)و
ありがとうございます!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。