子猫たち/ミロクちゃん、補液でした

2016.06.12 01:52|日記
バタバタの3日間でした (;゚w゚A

木曜金曜はシェルターのお当番でした。
そして今日のお昼は里親希望者さんが我が家に来られて、午後はチビ猫達の写真を撮ってプリント。保護主さんのお店に貼って頂くためのもです。
夕方からは保護主さんがみんなを病院に連れて行ってくださるというのでお届けし、その足で私はミロクちゃんを病院に連れて行きました。


おかげさまでチビ猫たちは猛烈に元気です!
お腹のユルい子がいるおかげで涙が出るほど掃除が大変なのですが(笑)ビオイムバスターに加えてディアバスターを投与して、かなり改善してきました。
今日の検査では回虫・コクシジウム等なかったようです。
ボランティアさんが連れて行ってくださったのは隣の区にある病院ですが、とても評判の良い先生で、一匹ずつ丁寧に検便(直接法)&健康チェックしていただきました。
それが8匹もいるものですから大変だったようです(笑

周囲のあちこちから良い評判を聞いている先生なので一度お目にかかってみたくて、一緒に行く予定にしていたのですが、今日はミロクちゃんを急遽病院に連れて行くことに。

9.jpg

実はこの数日のミロクちゃん、ほとんど食べていません。

ブログには書かないようにしていたのですが、ミロクちゃんはたまに食べなくなる事があるのです…。
これまでも3回ほど同じような状態に。

食欲がないわけではなく「ごはん!ごはん!」と要求して、おねだりポーズをするものの、いざ口をつけると一口食べてペッ!と吐き出してしまいます。
本人はとても食べたそうなのに、カリカリッと噛んではペッ!と吐き出すの繰り返し。

お皿に顔を突っ込んでいる時間が長いので、一見すると食べてるように見えるのですが、グラムを計って見ると「ぜんぜん減ってないやん・・」という有様です。
(毎回食べた量を計ってノートに書いています)

これまでは3日も経てばまた普通に食べていたのですが、今回は手強そう(>_<)
家にあったa/dを強制的に口に入れると、そのあとお皿から舐めてくれています。
それも少量。ドライフードは一日で10g弱。
食欲と元気はあります。
でもやはり体重は4.2キロと減っていました。

原因がさっぱりわかりません。

人間でも鼻が完全に詰まるとモノが飲み込めなくなるように、ミロクちゃんも鼻がひどく詰まっているのではないかなと思いつつこれまでは何とかなっていましたが、「今回もなんとかなるだろう」はやめて今日は病院に行ってきました。
とにかく血液検査をお願いしました。
腎臓、肝臓の数値は問題のない範囲。
ただ、脱水はしているもよう。
先生が口の中を丁寧に見てくださいましたが、口内炎もありません。
抗生剤や特に何かの薬が必要な感じもなく、とりあえず補液していただきました。
あとは胃腸の動きを良くするお薬を。

ミロクちゃん元からボヨ〜ンとした体なので、補液がどこに溜まっているのか、ちゃんと吸収されたのか、わかりにくいです(笑

なんと、夜にはカリカリをちゃんと飲み込めるようになりました。
ちゃんとボリボリ食べてます・・・。
先生に診てもらってよかった・・・。

原因がわかればいいのですが、食べてくれたらそれでヨシです。
きっかけになりそうなことがなかったか、これまでのノートを見返してみようと思います。

なんにせよ食べてくれたので肩の荷が下りました。。
子猫たちがドライフードを食べてくれたり驚くほど逞しいので、お掃除以外まったく手がかかっていないのですが、実はミロクちゃんのことばかり心配してたという…(TωT)

とりあえず、寝ますw

1.jpg

7.jpg

3.jpg

2.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント