スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手枕

2016.02.26 00:55|日記


今日はミロクちゃんに手枕をして差し上げました(笑

201602252.jpg

注射の準備が出来て、このあとすぐに起こされましたけど(笑
スポンサーサイト

レンジでチン!

2016.02.24 22:25|日記
ペット用の「レンジでチンする湯たんぽ」を毎冬使っています。
もう何年使用してるんだか・・すっかり年季が入ってきました(^-^;)

寝る前にチンしたあと、冷めないように重ねて置いておくと・・



201602242.jpg

201602243.jpg

こんな感じになります (;゚w゚A

このあと、ダルマ落としのように一枚ずつ抜いていきます(笑
これも毎冬恒例です(笑

診察台のミロクちゃん

2016.02.21 23:52|日記
ミロクちゃん、あれから頑張って通院しています。
インターキャットも7回目を打ちました。

病院の日は「ミロクちゃん、今日も病院行こうね〜」と朝から声をかけるのですが、「びょういん」という単語を覚えてしまったのか、この顔ですw
でも言わないままでいると騙したような気持ちになるので、つい言ってしまう・・。

201602181.jpg

この顔を見るとかわいそうになりますヽ(´Д`;

(インターキャットは冷蔵保存してあるので、出してすぐに打つとしみるようです。。
なので「先生っ!出来るだけ常温にしてから打ってください!」と注文をつけているウルサイ飼い主の私です)

201602182.jpg

病院に来てもこの顔w

でも実はミロクちゃん、診察台の上ではすごくリラックスしています。
たまに先生と話し込んでいる時などは、そのまま寝そうになるくらいです。
お気に入りの枕を持参しようかな・・ (;゚w゚A

201602183.jpg

猫風邪の症状はおさまっていますが、体の皮膚炎はまた悪化して、ゴワゴワの分厚い角質の層があちこちに出来ています(TωT)
耳のほうは病院で定期的に耳の洗浄や掃除をしてもらい、自宅で点耳薬もしっかり続けてきたのですが、それでも3日も経つと真っ黒になるほどです。
(耳ダニなどではなくて)

アトピー性の皮膚炎の可能性がやはり高そうです。
今回血液検査をしましたが、腎臓、肝臓とも問題のない数値でした。
なので抗生剤に加えて念のため抗真菌薬の内服を開始、フードは低アレルゲンのものに変更、シャンプーもアトピー用の「アデルミル」に変えました。
今回もステロイドの話が出たのですが、肝臓のこともあるし、まずはステロイド抜きでやってみたいという私の希望を聞いてもらうことに・・。
インターキャットも定期的に続けていくつもりです。

救われるのは、ミロクちゃんが明るくて気の強い女の子!であるということです(笑
目薬だけはいまだに大騒ぎするほど嫌がりますが、あとのたいていのことは我慢してくれます。
そしてたいていのことは猫ジャラシで遊ぶと忘れてくれます(笑

こんな可愛いミロクちゃんの闘病に付き合えるのは、長年猫と暮らして来たご褒美だなーとしみじみ感じます。

ちょっぴりジャンプ

2016.02.13 19:12|日記
ミロクちゃん、少しずつ間隔をあけながらインターキャットを続けています。

突然出来た顔面の赤いブツブツはほぼ治って、猫風邪特有の鼻水はおさまっています。
でも体はやはりガサガサです(>_<)
ただ、どんどん広がっていくような気配は今のところないので、この状態で抑えられたらなぁ・・と思います。

ところで、youtubeに初めて動画をアップしました。1230361030.gif

ビデオカメラから取込んだり、youtubeの設定やら、
アップするファイルサイズとか、いろいろわからなくて四苦八苦…(つД`)・:*
(我が家ではオンライン関連のことはすべて私がやるのであります)

時間かかりましたがなんとか完了。
画像が荒い&暗い気もしますが・・次はなんとかしましょう。



↑ちょっぴりジャンプするのが可愛くて猫じゃらしを何度も振っていたら、そのうち飽きたのか「もうええわ!」と捨て台詞を吐いて立ち去るミロクちゃんです(笑

今日のミロクちゃん

2016.02.07 01:32|日記
土曜日にインターキャット4回目を終えたミロクちゃん。


昨日まではちょっとだるそうにして、ゴハンもあまり進まなくて心配していたのですが、今夜にはすっかり元のようになりました!

最初はちょっとしたカサつきだったものがいつのまにかブツブツとしたデキモノになり、そうこうしているうちにバンバンに腫れてしまった鼻先。
それも終息して、口や目のまわりも治って来たようです。
お尻も良くなって来ました!
広がらなくて良かったーー。
病院での治療はもちろん、自宅でも洗浄水で洗い流すように丁寧に処置しています。

201602063.jpg


被毛をかきわけると体全体はこんな感じ。
あれ?鼻がおかしいな・・と思ったあたりから、あっという間に症状が出ました。
このままだとまた以前のようにウロコのような皮膚になってしまうかも知れません…。

201602066.jpg

私は20代の中頃に重症のアトピーを突然発症し、長い間ステロイドと抗ヒスタミンに頼る生活をしていました。なのでミロクちゃんの症状を見るたびに当時の自分の肌とそっくりでドキドキしてしまいます。
バリアの壊れた皮膚はちょっとした雑菌でもひどい炎症を起こし、それを治すために使うステロイド軟膏がさらに皮膚を弱くする・・という悪循環でした。
私の場合は気休めで漢方薬局に行って調合してもらったら、それがウソのように効いて「あの苦労は何だったの…」と思うほどあっさり完治して現在に至りますw
ミロクちゃんにも治るきっかけが何かあるはずだと信じています。

そんな私の心配をよそに今夜も猫じゃらしに夢中なミロクちゃんです。

201602061.jpg


そしてミロクちゃん達レスキューの子らがとてもお世話になったsinsinさんから、こんな素敵なプレゼントが!

201602064.jpg

ちゅーるではありませんw 棒灸なんだそうです。
(恥ずかしながら初めて実物を見ました)
先日のコメント欄を読んで、自宅にあった本と一緒に持って来てくださったのです。ありがたやー!ほんとにありがとうございます!!<(_ _)>

同じ日、レスキューの子達3匹の里親さんであり、お世話もされていたMさんからも、ミロクにぴったりのグッズを頂きました。
とても大きいものなのに自転車に積んで持って来てくれて・・( ノД`)ありがとうございます!
ミロクちゃんは幸せ者だねー。
いろいろちゃんと勉強するから、時期を見て試してみようね。

とにかくじっくり、慎重に、ひとつずつ気長にやりましょう。

そうそう、インターキャットを使ってみて驚いたのは、あれほど出ていた青鼻がピタリと止まった事です。
ネブライザーをしてても1日1度は「ぐしゅん!! 」と一斉大量放出していたのですが。。
いったいどういうカラクリなんだろう。。

新たな挑戦

2016.02.04 21:35|日記
昨日、今日と連日病院でした。


抗生剤や抗菌剤、塗り薬などで叩けるものは叩き、いったんは良くなったものの再発したミロクちゃん。
それからは(あまりやりたくなかったんですが)数ヶ月のシャンプー療法で改善されつつあった矢先に謎の皮膚炎・・。
顔や尻尾の付け根は脂が多く、特に顔はシャンプーできないため、皮膚の弱いミロクちゃんはこうして少しの雑菌でも繰り返し炎症を起こしてしまうのかも知れません。
皮膚のバリアが正常でないというか抵抗力がないというか、もう体質なのか・・。

今回、私のほうから医師に相談しようと思っていたのですが、その前に告げられました。

「皮膚専門医に診せるという方法もあります。ずっとそこに通わないとダメというわけじゃなくて、メールなどで治療方針を聞き、うちで引き継ぐという形になりますから安心してください」

うーーん( ̄▽ ̄;)
自分から言うつもりではいましたが、いざ院長の口から聞くと「ウチではお手上げです」と言われたようで、ちょっと凹みました。

んが!
ここまで良くなって来てますし、先生っ!インターフェロンどうでしょうかっ!

と聞いてみました。

実はインターキャットはあまりしたくありません。
ごくまれに重篤な副作用もあるらしいですし、その「ごく稀に」の確率にミロクちゃんは入ってしまいそうで怖いのです。
それに私自身が過去に自分の飼い猫に使ったことがありません。
(猫風邪がひどくなった老猫にインターフェロン入りの点眼・点鼻薬は使用したことがあります。それはめっちゃ効きました!)
「免疫力を上げる」という文言には心惹かれていましたが、使わないで治る可能性があるのならそちらに賭けたいなと思っていました。
素人考えですが、専門医に診せたとしてもここまで来たらもう残っている選択肢はさほど多くないのではないか?
だったら今やってみてもいいのではないか?と思いました。

院長いわく、
「高濃度で使わないと効かないという医師もいて一回5千円とか1万円でやるようですが、ボクは低用量でも大丈夫だと思っています。だから料金も2千円です」

はいっ!やりますっっ!(即答w

・・・いえ、価格の問題ではなくて(もちろん安いほうが助かります)、低用量であるというのが私的には救いです。
腹をくくりました。

とりあえず5日連続です。
(連続でなくても、隔日でも良いようです)

201602042.jpg
(↑耳がペロンと垂れているのは、耳の洗浄を繰り返しているせいです・・。
そのうち元に戻ると思うのですが、これまたなぜか薬が効かなくて困っています)

今回の皮膚炎の少し前に気づいたのですが、新しい肥満細胞腫もたくさん見つけました。
(以前からあったものの中には縮小したものもあります)
こちらにも何か良い作用があれば!と思うのですが・・。

2回打って今のところ特に副作用らしいものは出ていませんが、微熱が出て食事量は少し減りました。
ぐったりはしていませんが、けだるそうにしています。呼吸は正常。
よく、ワクチンを打った日に少し熱が出てご飯もあまり食べない子がいますが、あんな感じです。
でもオモチャを取り出すとガバッと起き上がって遊びますw

熱が出ているということは、体の中で闘ってるんやろうなぁ。。
あ、一時はどうなるのかと思っていた鼻とお尻の腫れはおさまって来ました!

とにかく慎重に見守っていきたいと思います。頑張ろうねミロク!

半年が経ちました♪

2016.02.02 20:11|日記
お久しぶりのミロクちゃんです(=゚ω゚)ノ
早いもので、ミロクちゃんが我が家に来て半年が経ちました♪

寒い毎日でも、快眠快食快便です❤

そして毎晩の猫ジャラシ運動会をみんなと楽しんでいます。
最近では走れる距離もかなり長くなってきました。

hosiline3.gif

みんなとお昼寝

201602026.jpg


お膝も大好きです




気難しいソラも、ミロクちゃんは別みたい

201602025.jpg


もはやストーカーと化しているキチ

201602027.jpg

なんだか今日も「黒猫ブログ」になってます・・ (;゚w゚A

hosiline3.gif

こんな穏やかな毎日ですが、先週のこと。
ミロクちゃんの鼻や口のまわりにカサカサとした部分を見つけました。
人間でもちょとしたものなら放置して自然と治ることもあるし、抗生剤も飲んでいるのであまり気にとめていなかったのですが・・。
放置していても治らないのがミロクちゃんらしいというか・・(TwT)
あれよあれよと言う間に炎症がすすんでしまいました。

そうこうしているうちに、尻尾の付け根から血が出ていることにも気づき、先週土曜日病院に駆け込みました。
(定期的に通っている診察は来週の予定で、この日はいつも診てもらっている先生がいなかったのが残念)

どうやって掻いたのか、エリザベスカラーのふちには血がたくさんついていました。
体をくの字に曲げて必死に掻いたのでしょう。。

お尻周りもひどく腫れています。
肛門嚢が炎症をおこしてるわけではなさそうです。
先生がバリカンで尻尾の付け根あたりを刈ってくださいました。

201602021.jpg

201602023.jpg

201602024.jpg

ひどいのは鼻のところで、一昨日くらいまではバンバンに腫れて「息が出来なくなるんとちゃうやろか…」と思ったほどでした。
先生も原因がわからず、とりあえず洗浄液と塗り薬で数日様子を見てください、とだけ。

口の部分だけ見るとなんだかアトピーというか食物や日光アレルギーっぽいですが、日光なら耳のところにも出そうな気もしますし、私にも思い当たる節がなく。。
(試しに食事を低アレルギーフードに変えてみました)
数日経ってもおさまるどころか目の下にも出来てきたので(涙)、明日の院長の診察に予約を入れて再度診てもらうことにしました。

ミロクちゃん、シャンプーや抗生剤、抗菌剤などで全体の皮膚はかなり改善しています。
ただ、エリザベスカラーを外したままでいると目の上を血がにじむほど掻いてしまうし、体の舐めたところもすぐに赤くブツブツとしたデキモノが出来てしまいます。
やはりこの子の皮膚は一般的なカビ治療をして完治するほど単純ではないのだなあ…と思い知らされることがたびたびあります。
アレルギーや免疫の問題、ホルモン異常・・おそらく何かあるんだろうと思います。
今行っている病院が悪いとは思えないのですが、皮膚疾患は人間でも難しいことが多いように思うので、犬猫の皮膚専門医か大学病院に行ったほうがいいのかなとも考えたりしています。

毎日ご飯もたくさん食べて、良いウンチをして、遊ぶのが好きな元気な子です。
今のままでも通院と投薬しつつ毎日ご機嫌に過ごせますが・・このままずっとエリザベスカラーを着けさせたくありません。
きっと何かの道があるはず、完治を望めない子であっても上限いっぱいまでは治してやりたい、そう思うのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。