さささむいっ!!

2016.01.18 21:59|日記

寒いうえに、台風かと思うような強風です。
ホットカーペットはあまり使わない幸助も、今日はここに。
スポンサーサイト

寝てばかり

2016.01.17 23:10|日記
寒波到来。すごく寒くなりました!! (>_<)

ウチの猫達も寝てばかりです。
黒猫たちは床で、他の子はそれぞれのお気に入りベッドで一日中寝ています。
ご飯&夜の猫じゃらしタイムだけ全員集合するという・・(-_-; )

本日の黒猫トライアングルフォーメーションw
何かを召喚しようとたくらんでいるに違いありませんw

201601171.jpg


暖房をしている部屋のホットカーペットの上で、それでも団子になって寝ている猫達を見ると、こんな日にお外の子はどうしているのかなぁ・・と思わずにはいられません。

しばらくは厳しい寒さが続きそうです(´Д`;
私も風邪ひかないように気をつけようと思います。

今年初の病院でした

2016.01.14 19:27|日記
あれ?一週間ぶりの更新になりました。
毎日があっという間に過ぎますね〜 (;゚w゚A



201601142.jpg

ほとんど「黒猫ブログ」みたいになってますがw
昼間、黒猫たちはたいてい一緒に寝ています。
ミロクちゃんは三毛猫ネネにも大人気です。

201601147.jpg

hosiline3.gif

先週はミロクちゃんの病院でした。
年明けの最初の土曜日だったせいかすごく混んでいて、病院に入って会計が終わるまでに3時間以上かかってしまったという・・ヽ(´Д`;
ずっと診てくださっていたT先生が辞めてしまったので、今回は院長先生をお願いしました。

そのT先生のことを院長から少し聞きました。
たぶん30歳にはなっていない先生だと思うのですが、脳梗塞だったかな?とにかく脳の病気になられて緊急入院されたのだそう。
聞いて驚きました。。
幸いなことに順調に回復されているとのことです。
責任感の強い先生で、自分が担当していた動物達のことを気になさっているのだそう。
うーん、復帰はないのかなぁ・・。

201601146.jpg

・・だよねぇ( ̄▽ ̄;)
まだ診てもらったことのない女の先生がいるので、次はその曜日に行ってみますかね・・。
ミロクちゃん、どうも女性のほうが好きみたいです。

さて、今回は血液検査でした。
昨年11月の検査で、総コレステロール値がひどく高いことが判明したミロクちゃん。
さらに肝臓の数値もかなり悪かったのです。
飲んでいたステロイドをやめて、療法食でダイエットを頑張りました。

今回の体重は3.96kg
昨年夏には4.5キロほどあったので、だんだん理想の体重になってきました!!
(週2回のシャンプーを続けて皮膚も少しずつ良くなってきています)

数値のほうも、

総コレステロール <前回>228 → <今回> 97
      GPT <前回>120 → <今回> 42

と、良い結果でした!

201601145.jpg

今回は外注検査ではなかったので、千を超えていた中性脂肪は調べることが出来ませんでした。
総コレステロール値が下がっているのだからたぶん大丈夫でしょう。
ただ肝臓は完全に良好とは言えない感じです。
とにかく今後も慎重に様子を見て行きたいなと思います。

院長先生は熱血タイプで、ミロクちゃんのシャンプーの仕方やら耳掃除の仕方など手振り身振りでテキパキと丁寧に説明してくださいました(笑

幸助を拾った時、へその緒の部分から膿が流れていて困ったのですが、それも丁寧に処置して綺麗に治してくださったのがこの院長先生。
「この子は生命力ありますよ!ちゃんと育ちますっっ!」と励ましてもらってことをよく覚えています。

201601148.jpg

離乳が始まる頃には、溶いたミルクにa/d缶を混ぜたものをわざわざ用意してくださって、診察台の上で幸助に食べさせつつ「離乳食の与え方」の実演もしてくださいましたっけ(笑

そういう点ではとても頼もしいのですが、つまり治療にはとてもとても積極的。
「ミロクちゃん、今の乾燥した時期には毎日ネブライザーしたほうがいいですっ!! 抗生剤もしばらく飲んで、あっ、レボリューションもしておきましょう!!」と、薬品類やシリンジの山のようなお土産が・・・。

諭吉さんが3人殉職されましたヽ(ー_ー )ノ

いろんな意味で疲れた一日でしたが(笑)コレステロールが下がってなかったらどうしよう・・と思っていたので、とにかく安心しました。

まるでアトピーのような、全身の皮膚が弱い子なので、今後も通院は続きそうです。

新年早々

2016.01.07 01:38|日記
今年はお天気に恵まれて暖かなお正月でしたねー。
夫の休みが3日までだったので、あっという間のお休みでした(^-^;)

お正月の我が家の猫達は、
いつものように遊んで、


いつものようにお昼寝して、

20160105.jpg

いつものようにたくさん甘えてくれました。

20160103.jpg

hosiline3.gif

話は変わって・・・。

1月3日の夜遅く、実家から電話がありました。
私の実家は母と姉の二人暮らし。そして猫が一匹います。
今年16歳になるロシアンブルーです。
その子が夜になって血尿をしたのだそう。
姉は翌日から会社で病院に連れていくことが出来ないので、代わりに行ってもらえないかという電話でした。

翌日、ミロクちゃんが通っているいつもの病院に行って来ました。
(実家の子もここでお世話になっています)

そのロシアン君は母にベッタリで、母にしか懐いていない子です。
姉は多少なら抱っこ出来ますが、私などは相手にしてもらえません ((;゚Д゚))
目が合うだけで本気でバンバン威嚇し、瞬殺の猫パンチが飛んで来ます。
そういう子なので診察時に暴れるんじゃないだろうかと心配しつつ、ロビーで順番を待っていた時のこと。

「今月の獣医師勤務表」というのを見ていたら、いつもミロクを診てくださっていたT先生の名前がないことに気づきました。

5〜6人ほど先生がいる病院なので曜日によって先生が違いますし、午前と午後で入っている先生も違ったりするので、HPに掲載している予定表を見ながらいつも通っていたのですが・・・。

受付けの方に聞いたら、
「すみません・・・T先生は辞めたので・・・」
と言うじゃありませんか!!!!


(ಠДಠ)はあああああ!?



久しぶりに目の前が真っ暗になりましたね・・・。

年末に行った時にはネブライザーのプログラムを組んでメモに書いてくださったり、シャンプーを週2回にしましょうとか、年明けの中性脂肪の検査のこととか、辞めるような感じはちっともなかったんですが。。

同じ先生に診てもらっていたからこそ、最初と今の状態を比較してもらえて助かっていたのです。
肥満細胞腫も最初の頃よりは小さくなっていますし、胸の音も多少はクリアになっているはず。小さなことでもそういったひとつひとつを獣医師から聞かせてもらうと飼い主はやはりホッとするのです。
毎回違う先生に診察を受けると、先生それぞれの考え方も多少は違うでしょうし、使うお薬やその期間も微妙に違って来るかも知れません。
ミロクのように長期戦になりそうな子の場合、複数の獣医師から「今日の状態」だけを診てその時々の治療をされるのは困ると思い、一人の先生にお願いしていたのですが・・それが裏目に出るとは思っていませんでした。。

途方に暮れて、実家のロシアン君のことを忘れそうになりました(笑
診察の時、景気良くシャーシャー言ってましたw 

そういうわけで新年早々途方に暮れていますが、2016年も相変わらずドタバタしそうです。◟

今年もどうぞよろしくお願いいたしますヽ(∗ˊωˋ∗)◞丿

あけましておめでとうございます

2016.01.02 14:03|日記