スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スースー

2015.10.28 22:42|日記
今日のミロクちゃん。
カラーを外して様子を見てみました。

通常の猫がする程度の軽い毛繕いはしましたが、執拗に舐めたり強く噛んだりすることは(今日のところは)ありませんでした。
いいぞいいぞ!ψ(`∇´)ψ
やっぱり薬が効いているのかなぁ。

デキモノは少しずつではありますが、小さくなっている感じです。
心配していた風邪の症状のぶり返しも今のところは見られません。

洋服を作るまでは、カラーを時々外して様子を見てみようと思います。

201510281.jpg

201510284.jpg

201510283.jpg
スポンサーサイト

再会

2015.10.26 15:08|日記
土曜日は「関西動物友の会」の総会に参加させていただきました。
終了後、ミロクちゃん達の保護主でありTNRに日夜奔走する隊長Aさんと、長年活動を続けて来られた必殺仕事人のTさんが我が家に寄ってくださいました。

ミロクちゃん、Aさんのこと覚えてるかなー((o(*゚▽゚*)o))

と、ワクワクしていましたが、
どうも他の子達には有名な活動家のお二人がこのように映ったようで。



201510266.jpg

キチなんて、最初は耳をペッタンコにして目を見開き、ガクガクと大きく震えている始末。
失礼極まりない態度ですみませんー!と心の中で叫んだ飼い主なのでした。。
と思っていたら、用意していたお茶菓子をすっかり忘れていた私もけっこう失礼でした<(_ _)>

きっとこのお二人、オーラがとてつもなく大きいんだと思います(笑

でもしばらくしたらこの通り。

201510267.jpg

ミロクちゃん、ちゃんと覚えていたんですね。
崩壊した元々のおうちの事は忘れちゃってもいいけど、保護部屋でみんなで過ごしたことは覚えていて欲しいなと私は思います。

Aさん、Tさん、貴重なお時間の中ありがとうございました!

お洋服

2015.10.26 01:06|日記
先週金曜日の午前中、病院へ行って来たミロクちゃん。

肥満細胞腫、わずかですが小さくなりつつあります!良かったー。

デキモノは数カ所あるので、確認するために毎回先生と「ええと、どこだったっけ・・」と一生懸命探すのですが、なかなか見つからないことが多いです(>_<)
それが申し訳なくて「うちにあるバリカンでデキモノの周囲の毛を刈って来ます」と言ったところ、看護師さん達が丁寧にバリカンしてくださいました。

笑っちゃダメですよ(=`ェ´=)



そう、笑い事ではなくて・・毛を刈ってみると、これまで見つけていなかったデキモノが次々現れました。。

皮膚の状態が良くなって、今では以前のように頻繁に背中を舐めようとはしないミロクちゃん。
でもエリザベスカラーを外すとお腹のあたりは激しく舐めたり噛んだりしようとするのです。
我が家に来た時もお腹はひどく舐め壊したような跡があって不思議に思っていたのですが、おそらくこれらのデキモノのせいで痒みがひどかったのでしょう。
って、謎が解けても嬉しくないですけど。。

前回打ったステロイドの注射が効いて縮小したと思われるので、今後は内服を使ってみることになりました。
まずは一週間。量も少なめです
それと合わせて抗ヒスタミン薬も飲んでいます。
そのおかげかな?痒みが少しマシになってきたようで、カラーを外しても間髪入れずにお腹を毛繕いしようとする仕草がここのところは見られなくなりました。
(デキモノは噛んだり舐めたりせず、出来るだけそっとしておくのがいいと思われます)

腫瘍が体のあちこちに多発している状態なので、今後も治療は継続です。

でも。
皮膚が良くなってもう少しで外せると思っていたエリザベスカラー。
道が遠くなりました(つД`)
外してあげたいなー・・。

お腹をカバー出来る服があれば・・と、新しく術後服を注文してみました。
数年前、皮膚ガンになった老猫介護のために買ったお店とは違うものですが、なかなかの優れものです!

ですが問題はサイズでした。

201510241.jpg

201510242.jpg

2015102433.jpg

非常に良くのびる素材で出来ていて、猫の体によく合う作りになっているのですが、ミロクちゃん予想以上にお腹が大きすぎました・・。

一瞬で終了\(T▽T)/

ちなみにネネが着るとこんな感じ。

201510245.jpg

昔、避妊手術の時にタオルを切って服を作りましたが、また自分で作るしかないようです。ううむ。。(実は裁縫がかなり苦手)

他にもミロクちゃんのトイレにも工夫が必要なことがあるんですが・・それはまた次回。
(木曜日のMさんよりトイレにまつわるナイスなお品を頂いたのです〜。ミロクちゃんと同じレスキューの子達3匹の里親さんです)
猫と暮らしているとほんとに工夫の連続だなぁ。。

夜専用

2015.10.22 02:06|日記
今夜のミロクちゃん。


私達の生活パターンをすっかり覚えてくれたようで、夜12時をまわると「そろそろ寝る時間ね〜」と、自分でベッドに入って行きます。
日中、このベッドには一度も入りません。どうやら「夜専用」と決めているようです(笑
暑い時期には「夜専用のオープンベッド」もありました(笑

時間になったら寝床について、夜中は鳴かずに大人しくしてくれるので助かっています。

「ミロクちゃんは頭良すぎるんとちゃう?」と感じることが沢山あって、夫も驚いています。
テーブルに乗った時も、(人間の)布団に乗った時も、「ミロクちゃん、あかんねんで〜」とやんわり一度言ったきりで、もう2度としなくなりました。
布団の手前ギリギリのところでじっと待っている姿がいじらしいです。

ミロクちゃん、人間が何を言っているか一生懸命聞こうとしているようにも見えます。
保護部屋でもお世話係さんの動きをじーっと見ているようなところがありましたっけ。。

そんなミロクちゃんのことを夫が先日こう言いました。
「自分の体のことを良くわかってて、体が不自由な代わりに知恵を優先して生きて来たんとちゃうかなー」と。

確かに。そうかも。

おうち猫になったんだし、もうちょっとアホだったりワガママでいいのよ〜。

201510222.jpg

チャレンジ

2015.10.21 21:34|日記
先週の土曜日はミロクちゃんの病院でした。
今回でネブライザーが5回目となり、これ以降は「継続割引」らしいです!\(T▽T)/

8月から抗生剤を飲み続けること2ヶ月。
抗真菌薬は約1ヶ月。
皮膚の状態は良くなって、青鼻もぐっと減りました。

耳の中もすぐに真っ黒な耳垢が出る状態でしたが、点耳薬がよく効いて今はすっかり良好になりました。
(点耳薬を入れたあと頭を振ったら、8ミリ大の耳垢のかたまりが奥から飛び出してびっくりしたこともありました・笑)

実は・・この状態まで持って来て、やっと始められる治療があります。


ミロクちゃんがまだ保護部屋にいた頃に見つけていたのですが、先日細胞を調べてもらったところ「肥満細胞腫」との診断でした。
獣医師にも当初から指摘されていましたが、何しろ皮膚全体に広がっているカサブタをなんとかしないといけない状況でしたし、風邪の症状が落ち着いてから・・ということでした。

私は以前、繊維肉腫という病気で猫を亡くしているので(18歳でした)ミロクちゃんの体に似たようなデキモノを見つけた時は凹みました。。
この子をうちに連れて帰りたいと思った大きな理由のひとつです。

診断が出るまでは口にしないでおこうと決めていたのですが、ほぼ肥満細胞腫で間違いないそうです。(亡くなった愛猫のような悪性度の高いものではなくてホッとしました。)

ただ肥満細胞腫は良性の経過をたどることが多いようですが、内蔵に転移するとやっかいなようです。
耳、脇腹、下腹、脇の下、首の下あたり・・今確認出来ているだけでもこれだけ出来ています。
外科手術で切除するのが一般的なようですけど、しても結局再発するんじゃないかな?と思うんですけどね。。どうなのでしょう。
ミロクちゃんは胸にある気腫のこともあり、麻酔は使いたくありません。

ステロイドを使って小さくしていく治療を開始しました。
ステロイドを使うと免疫が下がってしまうので、出来るだけ皮膚や風邪の状態を緩和するよう医師とこれまで頑張ってきました。

小さくなるだけでは完治とは言えないのでしょうが、とりあえず「小さくな〜れ」の呪文をかけ続けています。

私、肥満細胞腫のことはほとんど知らないのですが・・頑張ります!!(*•̀ᴗ•́*)و

201510212.jpg

肥満とは関係ないんだよ、ミロクちゃんw

公開設定にしました!

2015.10.20 19:15|日記
ブログ、公開設定にさせてもらいました!

賑やかなのがいいな〜と思ったのでテンプレートは明るいカラーにしましたが、目がチカチカしたらすみません<(_ _)>


あとはリンクとか貼ったらとりあえず完成かな?
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
i_264.gif

衝撃の真実

2015.10.18 00:44|日記
昨日、夫と話していて爆笑したこと。

私「・・・・うちも7匹いるもんね〜」
夫「ええっ!!!Σ(||゚Д゚) ななひきっ!? うち7匹もおるん!?」

おもむろにソファから立ち上がって、指さし確認する夫。

夫「いち、に、さん、し、ご、ろく・・ほんまやあああーー!! 7匹おるやん!! 5匹くらいの感覚やったわ!」

私「・・・それは猫中毒の末期症状です。おめでとうございます\(T▽T)/」

201510171.jpg

我が家には最大で8匹いたことを話したら、驚いていました。
知らなかったのかー!

でもたしかに、頭数って意識できなくなるんですよね。

太っ腹

2015.10.15 21:53|日記
そろそろエリザベスカラーを外してあげたいな〜と思う今日この頃。
でも試しに外してみると、脇腹やお腹をせっせと舐めまくるミロクちゃんです (;゚w゚A

毛繕いしたい欲求が溜まっているせいもあるのでしょう。
外すと猛烈な勢いで舐めまくります。
心配なのは、舐めるだけじゃなくて毛繕いしつつ大きく口を開けて自分の体を強く噛むクセです。
(お世話係さんなら知っているあの強い甘噛みは、毛繕いする時のクセみたいです)

血が出たりはしませんが、私の皮膚がしばらくへこんで赤くなるほどの強い噛み方。
こんな強い力で噛んでいたらまたあっという間に皮膚の状態が悪くならないだろうか・・。

獣医師からは「長い間、過剰な毛繕いが習慣化されていると癖が抜けにくいかも」と言われています。
じゃあ試しに服を着せてみようかな?と思い立った私。
介護が必要だった先住猫に使用していた術後服を着せてみました。

かえって噛んでしまうかも知れないからここは慎重に・・と思っていたのですが。


先住猫は大柄なオス猫だったので、コレ、Lサイズなんですけど、

パツパツやん!
お腹で引っかかりますやん!


ミロクちゃんには申し訳ないと思いつつ、涙が出るほど大笑いしました。

さらに大きな(「Lロング」だったか「2L」だったかな?忘れました)のを着せましたが、お腹は入ったものの今度は長過ぎて使い物にならず。
ミロクちゃんは尻尾がちょっぴりしかないので、使いにくいことも判明。

201510152.jpg


ううむ。。笑い事っちゃない。

皮膚の状態は「10」だったものが今は「2〜1」といった感じです。
思い切って終日外して様子を見てみるかな〜。

201510153.jpg

2日続けて太っ腹自慢しちゃったねw
ごめんごめん( ̄▽ ̄;)

たまには・・

2015.10.14 22:01|日記
ミロクちゃんの写真、載せたいものがたくさんあるのですが、整理してみるとどれも同じようなポーズばかり・・。
ゴロンと仰向けになっているのが多いです。
こんな感じ↓



201510142.jpg


ミロクちゃん!お腹がタポタポ! Σ( ̄口 ̄;)


201510143.jpg

201510144.jpg

どや!

2015.10.09 23:55|日記
今夜のミロクちゃん。

201510101.jpg

テレビを見ている夫の膝の上と言うか、お腹の上で長時間くつろいでドヤ顔です(笑
今週は仕事だったり、家に友人が来たり、お当番で私が出掛けたりで、淋しかったかも知れません。

201510102.jpg

公私ともに予定続きで忙しかったこの2ヶ月。
それも明日で落ち着きそうです。

とりあえず猫達と昼寝したいですーーw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。